---お茶,緑茶などに関する知識、雑学、お得情報をお届けするお茶の勧め---     -メール-
メニュー
日本茶
日本茶について
特徴
成分
選び方
淹れ方
マナー
保存法
玉露
特徴
淹れ方
煎茶
特徴
淹れ方
番茶
特徴
淹れ方
抹茶
特徴
淹れ方
茎茶
特徴
淹れ方
芽茶
特徴
淹れ方
ほうじ茶
特徴
淹れ方
かぶせ茶
特徴
淹れ方
釜炒り茶
特徴
淹れ方
銘柄紹介
その@
そのA
そのB
そのC
そのD
そのE
そのF
おまけ
豆知識
美容
料理
リンク

美容


最近の美白化粧品は活性酸素を防御する抗酸化成分を取り入れたものが主流となっています。
緑茶にはその抗酸化成分【ビタミンE・ビタミンC・カテキン類・βーカロチン(ビタミンA)など】を多く含んでおり、 緑茶の抗酸化作用は肌の老化を防止する役目も果たしてくれると期待されています。


お茶パック

煎茶(小さじ1をすりつぶす)
小麦粉(大さじ1)
※小麦粉:粉末緑茶=2:1 このぐらいの割合で。
水(大さじ1.5程度)

@小麦粉と粉末緑茶を混ぜ合せ、少しづつ水を加えてクリーム状になるまでひたすら溶く。
Aきれいに洗顔した後に顔に塗る。
B塗ったら5分程待ち、充分に水で洗い流す。

お茶パックは肌を白くして、しみ・くすみを薄くしてくれると言われています。
またお茶の成分のカテキンがメラニン色素を抑制し、殺菌効果にも優れており、ビタミンCの働きで色素沈着した細胞をもとに戻す作用があります。


鼻などの角質取り

煎茶(スプーン2杯ほど)
ストッキング(使い捨てでも良い。気になる人は新品で。)
お湯(少量※茶葉をふやかす程度)

@ストッキングを用意してつま先部分にスプーン2杯程のお茶葉を入れる。
Aぬるま湯でお茶の葉を少し柔らかくする。
B鼻や脂の気になるところを軽くこする。
Cその後、水(お湯)で洗顔。

お茶の成分のサポニンが脂分を溶かして、ストッキングの繊維が浮き出た脂分を吸着してくれる仕組みです。
以前テレビでも紹介されていたとのことなので信頼性はあると思います。
あまり強くこすることはおすすめできませんが、調子がいいとストッキングに角栓がみえるほどだそうです。
市販されている鼻の毛穴パックより刺激が少ないため、肌の弱い方には良いと思います。




Copyright (C) お茶の勧め
inserted by FC2 system